思ったことをつらつらと書かせてもらってます。


プロフィール

双鷹(にこっち)

  • 双鷹(にこっち)
  • 気づけばこれも2周年か゚+.(゚Å) ホロリ。+.゚





最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


成人式
数年前から行って見たいと思っていた成人式に
ついに行くことになりました。

成人式直前に髪をカットしたこともあって
馬子にも衣装とはいうけどスーツ姿はわれながらなかなか。。zz

んで成人式会場に着いたけど人が多い多いzz
ひさかたぶりに人ごみの中にまぎれました。

会場して案内にしたがって席につくけどまた会場も広い。
中で友達同士写真とってる人たちとか
ひさびさの友達との再会を喜んでる人たちが
そこらじゅうにいるなか俺も知り合い探しをしたけど見つからないzz

そのまま式がはじまって
市長あいさつ 国家独唱 新成人の誓い 市歌斉唱 そして
有名人のコメントをもらって終了。

式が終わってからなんとか知り合いを探そうと、
ケータイの電話帳ひらいてみるけど一度電話帳のデータ消えてるため
地元の友達のアドレスがほとんどのこってないzz
唯一のこっていた再受験で別の大学に挑むべく勉強している友達に
いちかばちかで連絡をとったら成人式にきてたので合流
そこから芋づる形式でまあ知り合いが沸く沸くzz
ひととおり挨拶してアドレス登録さしてもらって
ひと段落ついたら気づいたときには人ごみの中に孤立していましたzz

電話をかけようとしたけどまわりの人たちがみんなして電話メールしてるため
電波がまともにつながらず、
しかたなく式場までいっしょにいった友達を探し地元に帰宅zz
軽く友達と一杯ひっかけて帰りましたとさzz
ほんとはこういうときは中学同士で集まって盛り上がるもんなんだけどなあzz

なんかすげ~寂しいzz
でもいままでの20年間がこれならきっとこれから
山なりになるはず。
これからも少しずつがんばっていこうかなzz

『ギルド探し』
とはいったもののやはりある程度はいるチャットを考えなければならない。

とりあえずこれからどうするのかをざっと考えてみると

1.Gvの新境地を目指してる(興味がある)Gを見つけ出す
2.攻城の勉強もかねて攻撃専門のGを探す
3.あえて大手に入りADで武者修行をする

この3つ。

3はGvを捨てる形になり本末転倒。そもそも大手クラスが前衛をつれてADにこもるはずがないので却下
2は戦力とマスターの柔軟性からみてプラでやったほうがてっとりばやいので抜けた意味がない
1もやろうと思えばプラ内で提案できるけど肝心の自分自身が何も思いつかないのと、
柔軟ながらも少しずつ固定化されつつあるプラのGv思考を考えると
ここは別のGに入ることでまた新鮮なかんじになるかもしれない。

やっぱりできることなら1.でいきたいけどこれもなかなかzz


giru1.jpg

すでに3つのギルドをまわりましたが
Gvに対するスタイルを聞くとたいていが
「みんなで楽しくGvをやっていきたいです」
あるいは
「できるかぎり上へ上へと行きたいです」
の2つの答えが返ってくるのがほとんどのため、
残念ながら「いままでにないGvをやってみたいです」
なんてマイナーな答えが返ってくることはないです。

だんだん質問するのがまわりくどくなって直接
「いままでにないタイプのGvって挙げるとしたらどんなんあります?」
とマスターに聞いてみると
giru3.jpg

しばらく考えた後かえってきたのが
giru4.jpg

地方グランドスラム。
たしかにただ攻めるのではなく、そのエリアの全砦を制覇するというのは
いままでにないタイプかもしれない。

でもこれはすでにプラでやってしまったため、自分的には新しいGvにはなんないzz

そんなこんなで質問するのもかったるくなってきて
別のギルド探すかプラにもどろうかなあとおもっていたときに

giru5.jpg

昨日あらかじめ声をかけておいたギルドのマスターから返事が。

たまり場がフェイヨンときいてさっそく駆けつけてみることに。

giru6.jpg

このロードナイトがマスター。
彼は一度別のサーバーでトップギルドに所属していたということもあり
なかなか興味をそそりました。

話も淡々と無駄が無くそれでいてわかりやすい説明で、
前はなしてきたマスターと比べるとやっぱりちがうなみたいなかんじzz

ギルド体制もマスターがすべて切り盛りするのではなく、
イベント当番など、きちんと役割分担をしているあたりも
他のギルドとはちがうかんじ。
「みんなで作っていくG」という点ではプラに酷似したところがあります。

このギルドのGvスタイルはあくまでトップをめざすがっつりタイプなのですが、
あえて「新しいジャンルのGvに興味はあるか?」という質問をしてみたら
鬼のように食いついてきました。

一度頂点にたった人間でもまだ新境地があると考えてる。
かなりの経験者なので視野も広い。
なかなかおもしろそうだったので
さっそく体験してみることに。

giru7.jpg

これからどんなGvができるのか今から楽しみです。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

そのGは・・・
にこっちがんばれ^^
【2006/01/10 02:30】 URL | ゆぅ #oyV.6EWY[ 編集]


ふふっ^^
【2006/01/10 10:54】 URL | にこっち #Jo.3g/BI[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。